あおみなの雑記

知って得する情報をわかりやすくまとめたブログ

ゲーム配信がしたい! キャプチャーボード買ってみたのでレビュー!【GC550】

Nintendo Switch や Play Station4 のゲームを実況・配信するなら、パソコンにゲームの画面を出力する必要があります。

今回、高画質でゲーム画面を録画することができる『AVerMediaアバーメディア』のキャプチャーボード、『GC550』を購入しました!

「キャプチャーボードとは?」「GC550 の特徴とは?」 実際に購入してみました!


キャプチャーボードとは?

キャプチャーボードとは、テレビゲームの画面や音声をPCに出力できる機械です。

普通にテレビでゲームをする時は、テレビとゲーム機をHDMIケーブルなどで接続します。

キャプチャーボ-ドをパソコン本体とそのモニターと接続することで、画面をパソコン上に表示し、ゲーム音もパソコンから出すことができます。

キャプチャーボードでできることは沢山あります。

たとえば、一つのモニターにゲーム画面と攻略サイトを並べて表示して快適に遊ぶこともできます。

パソコンでBGMを流しながら、Skypeで誰かと通話しながら、というプレイ方法も。

もちろん、キャプチャーボードのゲーム画面を録画すれば、YouTubeなどに投稿したりライブ配信したりもできますよ。

キャプチャーボード GC550 の特徴

私は『AVerMedia (アバーメディア)』のキャプチャーボード『GC550』を購入しました。

『GC550』のすばらしい特徴について紹介します。

1080p / 60fps に対応!

フルHD画質である、1080p / 60fps に対応しています。

超高画質でゲームの画面をそのまま録画・配信することができます。

テレビ画面にも出力できる!

『GC550』はパススルー出力機能があります。

これは、ゲーム画面をパソコンに出力してモニターに表示するだけでなく、ほぼ遅延なしでテレビ画面にも出力することができる機能です。

大きなテレビでゲームをいつも通りプレイしつつ、パソコンで録画・ライブ配信を行うことが可能です。

録画ソフト『RECentral』が無料!

ゲーム画面をパソコンに表示し、録画したりライブ配信したりすることができるソフト『RECentral 4』を無料でインストールできます。

同じ『AVerMedia (アバーメディア)』のソフトなので、複雑な設定や広告などはナシで利用できますよ。

『GC550』購入・開封してみた


フタを開けると、「Live Gamer Extreme」と書かれた本体がありました。


持ち上げると、下にはいくつもケーブルが入っています。

  • 『GC550』とパソコンをつなぐUSBケーブル (3.0)
  • 『GC550』とPS4やSwitchなどをつなぐHDMIケーブル
  • PS3との接続に必要な専用のケーブル
  • WiiやPSPとの接続に必要なコンポーネントケーブル

などがあります。

実際にキャプチャーボードを使ってみた!

それでは早速、ゲーム画面をパソコンに出力してみましょう!

今回、『Nintendo Switch』を試してみました。

『GC550』本体をパソコンとゲーム機に接続して、『RECentral 4』を起動してみると……。

映りました!

無事に、モニターにNintendo Switchの画面が表示されています!

こちらは、『RECentral 4』のスクリーンショット機能で撮影しました。

画質がとても良いですね!

このあと、ゲームをプレイしてみましたが、モニターでもラグを感じることなくサクサクと遊べました。

おわりに

今回は、ゲーム配信に必要なキャプチャーボード、『GC550』について書きました。

昨日はYouTubeでゲーム実況をするメリットとデメリットについて書きました。


数日前、「あ、私もゲーム配信したいな」とふと思い、その日中にAmazonで『GC550』を購入してしまいました。

高い買い物をしたので、しばらく節約生活が続きますが、これでもかとキャプチャーボードを使い倒したいと思います!


最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、ゲーム配信がしたい! キャプチャーボード買ってみたのでレビュー!【GC550】でした。