あおみなの雑記

京大生あおみなが様々な情報をわかりやすくまとめるブログ

自分の『5つの自我状態』から性格と行動パターンを診断! エゴグラムやってみた!

質問にYES/NOで答えるだけ! 検査、研修、職業適性検査などにも用いられる性格検査「エゴグラム」の解説です!

私のエゴグラムの結果も公開しています。

エゴグラムとは?

エゴ(ego)とは「自我」のことで、グラム(gram)とは「書かれたもの」という意味です。

エゴグラム(Egogram)とは、自我の状態を数値に置き換えてグラフで表現する性格検査です。

「エゴグラム」は、元々はアメリカの精神科医バーン(Berne. E) の分析をもとにした性格診断法です。

50の質問項目に「はい」「いいえ」「どちらでもない」に答えるだけで診断できます。

「エゴグラム」は性格の善し悪しを検査するものではなく、自身の性格特徴行動パターンを知るためのものです。

診断結果から、「これから他人に優しくしよう」「もっと感情を表現しよう」「将来こんな仕事が向いてるかも」など、自己成長のきっかけにしましょう!

ちなみに現在は、日本人の性格傾向に適した「東大式エゴグラム (TEG)」も存在し、心療内科や精神科での検査、企業や団体での研修、教育現場での進路指導や職業適性検査などに用いられています。

人の性格は様々な要因で形成される

人の性格や行動パターンは、「親子や兄弟との関係」「生活環境」「年齢」「経験」など、様々な要因によって変化します。

エゴグラムでは、5つの要素の強弱を測定し、性格を分析します。

CP (支配性)

CP (Critical Parent) は「批判的な親

責任感や正義感の強さ、厳格さ、道徳的、といった特徴と関連があります。

NP (寛容性)

NP (Nurturing Parent) は「養育的な親

優しさや思いやり、寛容性や共感性といった特徴と関連があります。

A (論理性)

A (Adult ego state) は「合理的な大人

現実志向、情緒安定、知性・理性・論理性といった特徴と関連があります。

FC (奔放性)

FC (Free Child) は「自由な子ども

直観力や創造性、好奇心や自発性、表現力といった特徴と関連があります。

AC (順応性)

AC (Adapter Child) は「順応した子ども

協調性、忍耐力、奥ゆかしさや礼儀正しさといった特徴と関連があります。

エゴグラムで性格診断してみよう!

こちらのサイトから簡単にエゴグラム性格診断テストを行えます!

サイトの注意事項のとおり、「診断結果には表現にきついところや差別的な言葉があります」よ。

心配な方は、まず私の結果を見て「こんな感じで診断されるんだ…」と覚悟してから受けてくださいね。

エゴグラムによる性格診断

それでは、実際に私がエゴグラムを受診した結果です!

あおみなの「性格」

いかなる場合でも、絶対に羽目を外さず、面白おかしい所を殆ど見せないタイプです。責任感や使命感がつよくて、思い遣りや同情心も結構あり、分析力や判断力の高い合理主義者です。極く常識的な生き方に徹するタイプです。

性格的な最大の問題点は、常識一点張り、無難一点張りに傾いて、自由な感情の操作が殆ど出来ない点です。いわゆる子供っぽさが全く無いと云う現象です。場合によって是は、相当大きなネックとも成り得ますし、何よりも第一、自分自身が窒息してしまう可能性すら有る訳です。

えっと、関西人でボケもツッコミもたまにしますが…。

それでも「思いやりのある合理主義者」は褒められているようで嬉しいですね。

「自由な感情の操作がほとんどできない」について、喜怒哀楽の変化はかなり少ないですし、感情を表出していない自覚はあります(笑)

あおみなの「恋愛・結婚」

安定感のある生活ぶりと云う点では、配偶者や子供の信頼度は、抜群に高いでしょうけれども、それで配偶者や子供が充たされるかと云えば、かなり疑問符を付けざるを得ません。

現代は衣食住の満ち足りている時代です。ユーモアも無ければ好奇心も無い、真面目一方の極めて平板な日常生活を家庭に持ちこんだ場合、いかなる現象がそこから生まれて来るものか、そうそう楽観出来る雰囲気でも無さそうな気がしますが、いかがでしょうか。

「ユーモアも無ければ好奇心も無い」ってめちゃくちゃ非難されていますね(笑)

「いかがでしょうか。」ってキュレーションサイトかよ!(←ユーモアが無い)

あおみなの「職業適性」

極く一般的な職業でしたら、大概の仕事は、そつ無くこなして行けるでしょう。職場に於いては、かなり厚い信頼を受け得るタイプです。

但し、芸能、芸術、文芸などの分野や、一般企業内に於いても、企画宣伝、商品開発などの部署には、余り適性が有りませんので、職業選択の際には、十分な配慮が必要だと思います。

前半はとても嬉しいことが書いてありますね。やはり信頼は大事です。

「企画宣伝や商品開発には適性がありません」って、ブログ書くのは向いていないんでしょうか…(笑)

あおみなの「対人関係」

貴方の人付き合いと云うものは、お客、上司、同僚、部下、配偶者、子供、友人、知人などの全てに対して、同じ心構え、同じペースで対処して居るような所が有る筈です。それは一面、人格に裏表が無いと云う事で、大変結構なようにも見えますが、世の中がそう単純明快なもので無い所に問題が有る訳です。

決して二重人格を勧める訳ではありませんが、そこはそこ、ここはここ、と云う臨機応変さも、或る程度は必要だと云う事を、申し上げたいのです。

確かに裏表は無いので前半は納得できますが、人によって態度を変えろってアドバイスでしょうか…?

おわりに

私は大学で精神疾患について学んだので、「エゴグラム」や「東大式エゴグラム」については知っていましたが、診断できるサイトがあることは知りませんでした。

自分自身の長所だけでなく短所も知ることができるいい機会になりますね!

今回のエゴグラムのサイトは、うえの (id:uenoyou111) さんと、十六夜ヒロ (id:einhander1341) さんが紹介してくれました。

お二人も実際に診断してみた結果をブログで公開しています。他の人の分析を読むのも面白いですよ!

www.uenoyou.net

www.alkanet-books.com

最後までご覧いただきありがとうございました!

(あなたにオススメの記事)
筆者あおみなについて

当ブログの内容とカテゴリーについて