あおみなぶろぐ

あなたの お役に立つ みんなが知りたい情報を なんでも書くブログ

新元号「令和」! 出典の万葉集「令月」の意味、「令」と「和」の漢字の意味について調べました!

2019年4月1日、菅官房長官によって新元号が発表されました。

平成の次となる元号は、「令和」となりました!

「令和」の出典は、現存する日本最古の歌集『万葉集』から引用されたということで、由来となった「令月」という言葉の意味、「」と「和」の漢字の意味について調べました。

新元号は「令和」

4月1日の11時半すぎ、首相官邸で記者会見がおこなわれ、菅官房長官によって新しい元号は「令和」であると発表されました。

典拠は、日本に現存する最古の歌集『万葉集』とのことです。

この新元号「令和」は、皇太子さまが新しい天皇として即位される5月1日から施行されます。

新元号「令和」の出典は『万葉集』

『万葉集』とは、奈良時代に大伴家持によって編集された、現存最古の歌集です。

全部で20巻あり、約350年間にわたる長歌・短歌など約4500首が収録されています。

「万世に伝わるべき歌集」とされる『万葉集』が、新たな元号の出典となりました。

「令」とは「よい」という意味

万葉集の梅花(うめのはな)の歌三十二首に、新元号「令和」の「」という漢字をふくむ言葉、「令月」があります。

時に、初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。

現代語訳すると、以下の通りです。

時に、初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている。

(どちらも『万葉集入門』より引用)

「令月」という言葉を広辞苑で見てみましょう。

①万事をなすのによい月。めでたい月。
②陰暦2月の異称。

(広辞苑 第六版より引用)

さらに、「」という漢字を、漢和辞典『新漢語林』で調べてみました。

一般的には「命令」「法令」という言葉で使われるとおり、「命ずる」「おきて」という意味で使われます。

「令月」「令名」という熟語のとおり、「よい。りっぱな。すぐれた。」という意味もあるのです。

ここから、新たな元号には「よい」「めでたい」という意味がこめられていることがわかります。

「和」は「おだやか」という意味

一応、「令和」の「和」という漢字も調べてみました。

同じく『新漢語林』には、

①やわらぐ。なごむ。なごやか。やわらぎ。
 ア. おだやかになる。なごやかになる。
 イ. 仲良くなる。仲良くする。気が合う。
②やわらげる。おだやかにする。
③のどか。うららか。

などと説明されていました。

「柔和」「緩和」という熟語のとおり、おだやかで平和であってほしいという意味がこめられているんですね。

おわりに

新元号は「令和」となりました。

昭和がS、平成がHと表されるように、令和はRとなるのでしょう。

令和15年はR15、令和18年にはR18となると思うと、少し違和感がありますね(笑)

私はリアルタイムでニュースを見てすぐにパソコンに向かってブログを書いているのですが、WindowsのIMEでは「れいわ」と打つと、一番目に「令和」と変換してくれます。

何とも仕事が早くて、驚いてしまいました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、新元号は「令和」! 出典は万葉集! 「令月」の意味、「令」と「和」の漢字の意味について調べました! でした。