あおみなの雑記

知って得する情報をわかりやすくまとめたブログ

【hatomugi ASMR】大人気の音声アーティスト「はとむぎ」さん、アルバムCD『おとあつめ』発売!【感想・レビュー】

世界中で大人気のASMRアーティスト「はとむぎ」さん (hatomugi ASMR) が初の音声アルバムCD『おとあつめ』をリリースしました!

ASMRの解説、はとむぎさんのご紹介、『おとあつめ』を聴いた感想について書きました。


(引用している文章・画像は「おとあつめ」公式サイトより)

ASMRとは?

「Autonomous Sensory Meridian Response」の通称。
人が聴覚や視覚への刺激によって感じる「状態・感覚」のことをいい、聴くだけでリラックスしたり、癒されたりする音声や動画によく用いられる。

人の喋り声、身近な生活音などで心地よく感じたり、頭や腰がゾワゾワと反応するのが「ASMR」です。

ASMRを感じるトリガー(きっかけ)には、物をタップする音、水のチャプチャプ、ハサミのチョキチョキ、耳かきのロールプレイなどなど、人によって様々です。

ASMRについては、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。


hatomugi さんとは?

ASMR音声を作成し活動するアーティスト。
2015年にYouTubeに動画投稿を始め、現在は音声投稿アプリのLisPonでも活動している。
日常生活の中にある身近な物から、安眠やリラックスを目的とした音作りに取り組んでいる。

はとむぎ』さんは、世界中で注目されている、日本で最も有名なASMR音声アーティストの一人です。

自作の猫のアイコンでおなじみで、可愛らしい声、高クオリティの音質、わかりやすいカメラワークと編集など、魅力たっぷりの動画投稿者さんです。

最も人気動画の再生回数は、9月21日の時点で808万回!

総視聴回数は、なんと1億回以上の誰もが認める大人気アーティストです。

9/19 はとむぎさんのCD『おとあつめ』発売!

そんな大人気ASMRアーティストのはとむぎさんが、このたび初めて音声アルバムCDを発売されました。

そのタイトルは、『おとあつめ』です!

内容は以下の28種類です。

  1. 耳かき
  2. タッピング(叩く音)
  3. 水、炭酸水
  4. スライム

  5. キーボード、マウス
  6. テープ
  7. マカロンを食べる
  8. スクラッチング(ひっかく音)
  9. 囁き声で単語繰り返し①(オノマトペ)
  10. 文房具
  11. すり鉢
  12. パチパチキャンディー

  13. ブラシ
  14. マッチ(火の音)
  15. コルク
  16. 耳のマッサージ
  17. ピーリング(剥がす音)
  18. 霧吹き

  19. ふた
  20. スクイーズ
  21. 耳をふさぐ


  22. 吐息
  23. 囁き声で単語繰り返し②(オノマトペ)

アルバム名どおり、様々な音源が集められた、はとむぎさんの集大成となっております。

『おとあつめ』の感想・レビュー

それでは、はとむぎさんの音声CD『おとあつめ』を実際に聴いてみたので、感想などを。

普段の動画もクオリティはめちゃくちゃ高いですが、『おとあつめ』に収録されている音はCD用のハイレゾ音源で、ノイズの一切ないキレイな音質です。

音声が重なりあう感じで、両耳から次々と聴こえるように編集されているので、いつもの動画とは違った楽しさがあります。

しっかり耳元で音が聴こえるような立体感があり、目を閉じればすぐ近くに はとむぎさんがいるよう。

むしろ、CDの方が音に集中できるので、はとむぎさんの音に対するこだわりが感じられます。

「ささやき声」や「吐息」などのトリガーも入っており、耳が溶けそうな可愛らしさは、はとむぎファンにはたまりません。

一つだけ不満点をあえて挙げるとするなら、一つ一つの音源が2~3分と短いです。

普段から30分以上もあるボリューム満点の動画に慣れていると、少し物足りないですね。

まずは一通り聴いてみて、気に入った音源をリピート再生するとリラックスしたい時や

ASMRの動画・音源にとって重要な、安眠・リラックス効果は最大限に感じられます。

はとむぎファンはもちろん、「スマートフォンやオーディオプレーヤーで、外でもASMR音源を聴きたい!」という人にも、オススメですね!

おわりに

今回は、大人気の音声アーティスト「hatomugi ASMR」さんのアルバムCD『おとあつめ』をご紹介しました。

はとむぎさんの魅力がいっぱい詰まった、大満足でオススメの音声アルバムでした!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、大人気の音声アーティスト「はとむぎ」さん、アルバムCD『おとあつめ』発売!(感想・レビュー)でした。