あおみなの雑記

京大生あおみなが様々な情報をわかりやすくまとめるブログ

「その視力で裸眼で生活していたの?」と驚かれたので眼鏡を購入しました

眼鏡屋の店員さんに「かなり視力は低下していますが、本当に裸眼で生活されていたんですか?」と驚かれました。

古い眼鏡とソフトコンタクトレンズを使い分けていた私が、新しい眼鏡を購入した話です。

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」

今まで眼鏡とコンタクトを使い分けていました

以前、『ブログは健康でなければ書けない』という記事で、肩こりが原因で頭痛歯痛になった話をしました。

先月から毎日のように頭痛やめまいに悩まされていたのですが、その原因が眼鏡にあるのではないかと感じたのです。

私はこれまで、裸眼と眼鏡とコンタクトレンズを使い分けていました。

家にいる時は裸眼、近所の買い物や数時間程度の用事であれば眼鏡、半日以上の予定がある日はコンタクトレンズ、というように。

乱視はほぼ無いので、裸眼でも ある程度は見えています。

具体的には、本を読んだりパソコンを使ったりする時は問題ありません。

そのため、目の負担を軽減するために眼鏡をもっていても着用しない時もありました。

たとえば近所のスーパーで買い物する時は、家からスーパーまでの往復は裸眼、店内では商品を探すために眼鏡。

塾講師のバイト中は、基本は裸眼で座っていて、質問を受けたり解説をしたりする前に眼鏡をかけていました。

一方、朝から夕方まで外出するような、一日仕事の際には眼鏡の着脱の手間を省くために、コンタクトレンズを着用します。

毎日使用するわけではないので、1dayのソフトコンタクトレンズを利用していました。

5年以上使い続けた眼鏡とさよなら

眼鏡は中高生の時に購入しました。

当時はJINSやZoffは(恐らく)メジャーではなく、こだわりは無かったので眼鏡市場で最安のものを選びました。

そんな眼鏡を、少なくとも5年は使い続けていたのです。

5年も経てば、眼鏡のレンズに傷が入ったりフレームが歪んだりするでしょう。

大学生になってスマホを手に入れたので、私自身も視力もかなり衰えているでしょう。

ゴールデンウィークの長期休暇なら新しい眼鏡に慣れるまでの期間も確保できるので、良い機会だと思い眼鏡屋に行くことにしました。

メンズマーク シャルマンの眼鏡にしました

『メガネの愛眼』に行きました。

店員さんにオススメのフレームを紹介してもらい、試着して気に入ったので直ぐに購入を決定。


メンズマーク シャルマンXM1159 というフレームのグレーです。


(写真は『MENS MARK』より引用)

エクセレンスチタンを使用したフレームで折れにくく、こめかみを圧迫しないので掛け心地がいいモデルです。

マーブル模様風のデザインがカッコイイですよね。

そして視力測定へ……

フレームを決定したら、レンズを合わせるために視力測定をします。

うちの大学では毎年4月に健康診断があるのですが、視力検査は希望者のみなので私は受けたことがありませんでした。

ですので、前回の眼鏡購入時から一度も視力測定をしておらず、自分自身の視力がいくつかも覚えていません。

店員さんに案内され、さきほどの眼鏡・コンタクトレンズの使い分けの話を説明しながら、いざ視力測定。

「青空と気球を見つめるやつ」「赤と緑で見やすさを比べるやつ」「ランドルト環の上下左右を答えるやつ」を一通り終えて、店員さんの第一声。

かなり視力は低下していますが、本当に裸眼で生活されていたんですか?

視力は両目とも 0.1 でした

測定の結果、私の視力は両目とも約 0.1 しかないことが分かりました。

0.1 ……!?

それでも新しい眼鏡をかけたら、両目とも1.3くらいの視力になるんですよ。

来店からたった2時間ほどで、視界はくっきりはっきり。すごい時代です。


おわりに

衝動的に高い買い物をしてしまいましたが、今のところ不調はなく満足です。

「眼鏡やコンタクトレンズ無しでも大丈夫だよ」と思っていても、やはり文字や人の顔を見る時には無意識に目に力が入ってしまい、その筋の緊張が続くと近視になりやすくなります

「目が疲れる」「遠くが見えにくい」と感じている人は、近所の眼科や眼鏡屋に行ってみると解決するかもしれませんよ!

最後までご覧いただきありがとうございました。