あおみなの雑記

京大生あおみなが様々な情報をわかりやすくまとめるブログ

蚊に刺されやすい人の特徴や刺されないための対策法など、蚊に関する疑問まとめ

夏に多い虫といえば、蚊ですよね。

「蚊に刺されやすい人の特徴」や「蚊に刺されないための対策法」など、蚊に関する疑問・情報をまとめました!


どうして蚊はヒトの血を吸うの?

夏は虫が増える季節ですが、その中でも特にイヤなのが「」ですよね。

いつの間にか刺されて、腫れて赤くなり、かゆみとイライラだけが残る。

どうして蚊はヒトの血を吸うのでしょうか?

蚊の主食は、本当は、花のミツや樹液です。

オスもメスも、普段は花や草の汁を食べているのです。

それでは、蚊が血を吸う時はどのタイミングかというと、出産する前です。

実は、吸血するのはメスの蚊だけなのです!

蚊の卵を成長させるにはタンパク質が必要です。

そのため、産卵期のメスの蚊は、動物の血を吸い、卵巣の中にある卵を育てるのです。

人間にとっては迷惑な話ですが、蚊も生きていくためには吸血せざるを得ないのです。

蚊に刺されると痛くないのに痒くなるのはどうして?

全ての蚊は、オスもメスも長い「口吻」(とがった口先)をもちます。

蚊は吸血するとき、動物の皮膚をさした後、麻酔性の物質凝血を防ぐ唾液をだします。

麻酔性の物質を出すのは、刺した痛みで動物に気づかれないようにするためです。

凝血を防ぐ理由は、蚊の体内で血液が固まると蚊自身が死んでしまうからです。

蚊に刺された跡、唾液が人体にアレルギー反応を起こします。

そのため、赤く腫れたり痒くなったりするのです。

痒くならないのであれば、血液くらいちょっとならあげるから何もしないでよ、と思うのは私だけでしょうか……。

蚊に刺されやすい人の特徴

あなたの家族や友達にも、蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいると思います。

それでは、蚊に刺されやすい人にはどんな共通する特徴があるのでしょうか。

体温の高い人

蚊は、温度の高いところに向かう習性があります。

そのため、新陳代謝のよい人は刺されやすい、ということになります。

また、運動をした後やアルコールを摂取した後も体温が上がるため、蚊に刺されやすくなります。

体の部位でいうと、靴や靴下をはく足の方が体温は上がりやすいため、下半身の方が刺されやすいとされています。

汗をよくかく人

蚊は、湿度の高いところにも反応します。

そのため、汗をかいて蒸発すると、蚊を引き寄せてしまうことになります。

肌や服が黒い人

白色より黒色の方が熱を吸収しやすいので、太陽の

肌の色が黒い人、服の色が黒い人の方が蚊に刺されやすいです。

蚊に刺されないための対策

それでは、蚊を刺されないために、殺虫効果のあるものや、そもそも寄せ付けない働きをするものを紹介します。


蚊取り線香 (除虫菊)

除虫菊というキクには、ピレトリンという殺虫効果のある成分があります。

詳細は、こちらの記事に少しだけ解説しています。

お刺身に添えられる花の意味や効果は? 食用菊の食べ方や栄養について

蚊取線香は、熱や煙によって蚊を退治しているわけではありません。

このピネトリンという成分を煙で拡散させることで、周囲に殺虫効果を生じさせているのです。

最近はアロマの効果もある、良い匂いのする蚊取線香もあるようですね。


神田沙也加さんの『アース渦巻香』のCMがめちゃくちゃ好きなんですけど、伝わる人いますか?


電気蚊取

火や煙を使うのは危ないので不安! という方には、電気タイプ。

電池を入れたりコンセントに挿したりするだけで、電気的に加熱させて殺虫成分を空気中にまいてくれます。

約2ヵ月ほど殺虫効果が続くようなので、蚊の多い夏のシーズンに一つ買っておくと良いですね。

その他のグッズ

人間には聞こえない高い周波の音を出す装置や、蚊をおびき寄せて電撃で駆除するグッズなどもありますが、効果があるかは不明です。

我が家のベランダの前にも、高周波の音波を発生させて虫を寄せ付けない『バグバスター』という物を置いています。

確かに家の中に虫が入ってくることが減った気もしますが、今年は猛暑のせいでそもそも蚊の数が少ないというデータもあるので、有効かどうかは判りません(笑)


私のすぐ隣にもあります。Amazonのレビューの評価は良いようですね。

おわりに

私は、蚊の飛ぶ「プーン」という音が耳元で聞こえるのが大嫌いなのと、虫が触れないくらい苦手なので、防虫・殺虫グッズは家に大量にあります。

皆さまも害虫対策をして、楽しい夏をお過ごしください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、蚊に刺されやすい人の特徴や刺されないための対策法など、蚊に関する疑問まとめ でした!