あおみなの雑記

知って得する情報をわかりやすくまとめたブログ

【無印良品】『パニールマッカニー(カッテージチーズのカレー)』食べてみた! チーズが甘くて美味しい!【感想・レビュー】

無印良品の『パニールマッカニー(カッテージチーズのカレー)』を食べてみました!

生クリームとバターでコクの深くてとっても甘い不思議な食感のカッテージチーズが入っています。

作り方、見た目、具や味について、レビューします!

(上記写真は無印良品より引用)

無印良品には多種多様なカレーが勢ぞろい!

無印良品では、本場の味を再現した具材たっぷりのカレーが34種類も販売されています。

無印良品のカレーの特徴は、化学調味料・合成着色料・香料不使用なのに現地の味を再現した高品質であること。

現在、無印良品の通販ページで「レトルトカレー」と検索すると、55種類のアイテムがみつかります。


今回いただくのは、『パニールマッカニー(カッテージチーズのカレー)』です!

聞いたことのない名前が並んでいますが、パッケージの写真と「チーズのカレー」という言葉にひかれて購入しました。

『パニールマッカニー(カッテージチーズのカレー)』の特徴

カッテージチーズ(パニール)をつかった濃厚な味わいのインドカレーです。
生クリームとバターでコクを引き出し、まろやかに仕あげました。

1人前 1袋 (180 g) あたり、403 kcal、たんぱく質 11.7 g、脂質 30.8 g、炭水化物 19.8 g です。

生クリームやチーズを使用しているだけあって、カロリーや脂質はちょっと高めでしょうか。

原材料として、チーズ、クリーム、カシューナッツペースト、精製はちみつ、バター、トマトペーストの他に、スパイスとしてターメリック、カルダモン、クミン、シナモンなどが入っております。

辛さは 5段階中の 2 です。

『パニールマッカニー(カッテージチーズのカレー)』の作り方

調理方法はとてもカンタン。

  • お湯で温める場合、袋の封を切らずにそのまま熱湯の中に入れ、約 5~7 分間 加熱します。

  • 電子レンジで温める場合、深めの容器にうつし、ラップをかけて加熱します。 (500W で 約 2 分)

私は、無印のレトルトカレーを食べる時は、いつもお湯で温めています!

『パニールマッカニー(カッテージチーズのカレー)』 食べてみた!

『パニールマッカニー(カッテージチーズのカレー)』が完成しました!

サイコロ状の大きな具材がいくつか入っていますね。

オーブントースターで焼いたナンと一緒に、いただきます!


カレーのタイプは、結構トロトロしていて、ナンでも食べやすい感じ。

鼻を近づけると、バター系カレーの甘い香りがして、食欲がそそられます。

そのまま一口 食べてみると、チーズとバターのクリーミーな甘みが口に広がります。

後味は、スパイスがきいてきてほんのり辛めなので、どんどん食べたくなります。

全体的にみて、コクの深いかなり濃厚な味で、とっても美味しいです!

が、ご飯やナンなどの一緒に食べるものがなければ、最後の方は飽きてしまうかも……?

サイコロ状の大きな具材も食べてみます!

食感は豆腐やはんぺんのようにフワフワで、とても不思議な食感。

噛むと、ふわっとチーズの風味が感じられるので、これがカッテージチーズなのでしょう……!

カレーの具材といえば、野菜やお肉! という人にとっては、少し物足りないかもしれません。

何とも言えないクセになる魅力がありますが、好き嫌いは分かれそうですね。

おわりに

今回は、無印良品の『パニールマッカニー(カッテージチーズのカレー)』をご紹介しました。

無印良品のカレーの中でもトップクラスの甘さと、チーズの独特な食感を味わえるので、珍しいカレーを食べてみたい人にはオススメです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、『パニールマッカニー(カッテージチーズのカレー)』食べてみた! チーズが甘くて美味しい! 感想・レビューでした。