あおみなの雑記

知って得する情報をわかりやすくまとめたブログ

無印良品 お菓子「無選別 えびせんべい」はコスパ最高で美味しいのでオススメ!【感想・レビュー】

無印良品では様々なお菓子が売られていますが、「えびせんべい」はコスパ最強でとっても美味しいんです。

今回は、無印「大袋 無選別 えびせんべい 200g」について、私が大好きな3つの理由とアレンジした食べ方についてご紹介します。


無印良品「大袋 無選別 えびせんべい 200g」

紹介するお菓子は、無印良品の「大袋 無選別 えびせんべい 200g」です。

えびせんべいを作る時に出る、
割れたり欠けたりしたものや、
小さいものも区別なくパックしました。

無印良品のえびせんべいの特徴3つ

私が、無印良品の「大袋 無選別 えびせんべい 200g」が大好きな理由を3点にまとめました!

あっさりで食べやすく美味しい!

無印良品の「えびせんべい」は、あっさり薄味でとっても食べやすいのが特徴です。

塩はひかえめ、えびとあおさの風味がほのかに感じられる、素直に美味しいえびせんべいです。

量が多くてコスパ良し!

無印良品の「えびせんべい」の魅力の一つは、コスパがとても良いこと。

税込み199円で、その量なんと200グラム!

手のひらより大きな えびせんべいが、一袋に大体15枚分ほど入っています。

一人で食べるのはもちろん、家族や友達と分けて食べるのにも丁度よいサイズです。

最初から割れてる方が食べやすい!?

えびせんべいの割れ・欠け具合は、袋によって大きく異なります。

中身のほとんどがきちんと円盤のままな袋もあれば、半分以上が割れていてバラバラになっている袋もあります。

丸く大きな えびせんべいを両手で持ってかじりつくのも醍醐味ですよね。

でも、何かをしながら食べる時には、最初から割れている方が片手でパクっと食べられるので、嬉しいんです。

おせんべいを食べる時、袋を開ける前にすこし割ってから食べるような人には、特にオススメです!

えびせんべいをアレンジして食べても美味しい!

えびせんべいは、そのまま食べてもモチロン美味しいですが、アレンジすると更に美味しくなります!


まずは、ソースをかけて、お祭りの屋台で食べるえびせんべい風に。

何種類か試してみましたが、お好み焼きソースをかけて食べるのが個人的に一番オススメです!


次にオススメなのが、マヨネーズ。

これは悪魔の組み合わせで、無限に食べられてしまうのではないかと思えるくらい美味しいんです。

普通のマヨネーズもからしマヨネーズも良いですが、私が一番好きだったのは、だしマヨネーズです!

(キューピーの「だしマヨネーズ」は、関西地区限定らしい……残念……)

おわりに

今回は、無印良品の「大袋 無選別 えびせんべい 200g」をご紹介しました。

小腹が空いた時にピッタリな、美味しさもボリュームもあるお菓子です。

注意点として、量が多いので一度に一人では食べきれないかもしれません。

そのまま置いておくと湿気てしまうので、ジップロックなどに袋ごと入れて保管すると良いでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、無印良品 お菓子「無選別 えびせんべい」はコスパ最高で美味しいのでオススメ! 感想・レビューでした。