あおみなぶろぐ

あおみなが、本当に素敵なモノやコトだけをアナタに教えるブログ

【無印良品】『グリーンカレー』ココナッツとスパイスが美味しい!【感想・レビュー】

無印良品の『素材を生かした グリーンカレー』を食べてみました!

お店で食べるグリーンカレーとは少し違った食べやすい味を楽しめます!

作り方、見た目、具や味について、レビューします!

(上記写真は無印良品より引用)

無印良品には多種多様なカレーが勢ぞろい!

無印良品では、本場の味を再現した具材たっぷりのカレーが34種類も販売されています。

無印良品のカレーの特徴は、化学調味料・合成着色料・香料不使用なのに現地の味を再現した高品質であること。

現在、無印良品の通販ページで「カレー」のカテゴリーを見ると、70ほどのアイテムがみつかります。



今回いただくのは、『素材を生かした グリーンカレー』です!

辛さが5段階でマックスなのが気がかりでしたが、無印のグリーンカレーも一度は食べてみたかったので購入しました。

『素材を生かしたカレー グリーン』の特徴

青唐辛子の辛さと、レモングラスの爽やかな風味が特長のタイカレーです。
ココナッツのコクを引き出し、辛さの中にも旨みを感じる味わいに仕あげました。

1人前 1袋 (180 g) あたり、272 kcal、たんぱく質 8.6 g、脂質 21.8 g、炭水化物 10.3 g です。

生クリームやチーズを使った他の無印良品のカレーよりも、カロリーや脂質は控えめです。

原材料として、ココナッツミルク、鶏肉、ふくろたけ、たけのこ、レモングラスピューレー、こぶみかんの葉などが入っています。

辛さは 5段階中の 5、最高です!

『素材を生かしたカレー グリーン』の作り方

グリーンカレーの調理方法はとてもカンタン。

  • お湯で温める場合、袋の封を切らずにそのまま熱湯の中に入れ、約 5~7 分間 加熱します。

  • 電子レンジで温める場合、深めの容器にうつし、ラップをかけて加熱します。 (500W で 約 2 分)

私は、無印のレトルトカレーを食べる時は、いつもお湯で温めています!

『素材を生かしたカレー グリーン』 食べてみた!

グリーンカレーが完成しました!

袋からグリーンカレーを容器に移した瞬間から、とても辛そうな独特の香りが漂います。

大きな鶏肉、細切りのタケノコ、丸いフクロタケ、そして存在感のある こぶみかんの葉っぱなどが見えていますね。

それでは、オーブントースターで焼いたナンと一緒に、いただきます!

一口目にまず、舌がヒリヒリするほど辛い本格的なグリーンカレーの味がグッときます。

それと同時に、開封した時から漂っていたグリーンカレーのスパイシーな風味が口の中に広がります。

ココナッツの甘味とコクも感じられて、レモンのおかげか後味は意外とさっぱりです。

次は具材について。

鶏肉はグリーンカレーの風味がしっかりとしみ込んでいて、とても美味しいです。

細切りのタケノコはシャキシャキで美味しくて、グリーンカレーによく合います。

フクロタケは初めて食べましたが、マッシュルームに食感も味も近いような感じ。

こぶみかんの葉っぱは、知らずに口に入れましたが恐らく食べられません(笑)

ルーはスープカレーのようでドロッとしておらず、具材はたっぷりと入っていて満足感は高いです。

白ご飯でもナンでもどちらでも合うのではないでしょうか。

最初はあまりの辛さに心が折れそうでしたが、慣れてくるとグリーンカレーの独特の香りとココナッツの風味にやみつきになりますよ!

おわりに

今回は、無印良品の『素材を生かした グリーンカレー』をご紹介しました。

無印良品のカレーの中でもトップクラスの辛さと、クセになる風味が魅力的な、本格的なグリーンカレーでした!

匂いがかなり強いので、お家で食べることをオススメします(笑)

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、無印良品の『素材を生かした グリーンカレー』食べてみた! 激辛で美味しい! 感想・レビューでした。