あおみなの雑記

知って得する情報をわかりやすくまとめたブログ

【無印良品】台湾の屋台料理 ルーロー飯 食べてみた! ごはんにかけるだけ!【感想・レビュー】

無印良品」のどんぶりのもと、台湾料理「ルーロー飯」を食べてみました!

中華の屋台を思わせる香りと味の実食レビューです!


ルーロー飯とは?

ルーロー飯(滷肉飯/魯肉飯)とは、台湾では代表的な「かけご飯」の一つです。

滷・魯という漢字は「甘醤油で煮込む」という意味で、ルーロー飯は「甘醤油で煮込んだ お肉のご飯」となります。

一般的には、豚バラ肉の角煮を、シイタケや野菜、中華料理でよく用いられるスパイスの八角などを混ぜ、醤油や砂糖などで甘く煮込みます。

そして、お茶碗のご飯に煮汁ごとかけた丼もの料理が、「ルーロー飯」です。

無印良品「ルーロー飯」買ってみた!

今回、無印良品で「ごはんにかける ルーロー飯」が販売されていたので、購入してみました!


台湾の屋台料理をお手本に、豚バラ肉を八角や山椒などの香辛料と、甘辛いタレで煮込みました。
お好みでゆでたまごを加えてもおいしく召し上がれます。

こちらは裏面です。


さすが無印良品、化学調味料・合成着色料・香料はすべて不使用。

調理方法は、「袋ごと湯せん」か「電子レンジ」で温めたあと、ご飯にかけるだけ!

さっそく、調理して食べてみます!

ルーロー飯 食べてみた

私は、袋のまま お湯で温めました。

ルーロー飯」の写真が、こちらです!


ご飯の量が少なかったので、埋もれてしまっています(笑)

現地の台湾では「そぼろ派」と「角煮派」に分かれるようですが、こちらは後者のようです。

日本でもメジャーな料理「豚の角煮」のような甘い匂いと、台湾の夜市の屋台を思わせるような「八角」の香り。

お皿に移した瞬間から、食欲がそそられます。


それでは、いただきます!

お味は、香りと同じく豚の角煮のように、甘醤油の味付けになっています。

ただ、全く同じという訳ではなく、八角のスパイスのおかげで台湾料理の風味になっています。

お肉は脂身たっぷりのバラ肉で、食感はとてもやわらかく、口の中でとろけます!

甘醤油の味がしっかりと染みていて、とても美味しいです!

他にも、しいたけ、たけのこ、きくらげも入っています。

お肉だけだと脂っこく感じるかもしれませんが、お野菜のおかげで食べやすく、コリコリとした食感が楽しいです。

おわりに

今回は、無印良品「ごはんにかける ルーロー飯 120g (1人前)」を食べてみました。

パッケージに書かれていたとおり、今度は ゆでたまごを入れて食べてみたいですね!

和食では味わえない風味をお手軽に楽しめるので、興味のある方は食べてみていただきたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、【無印良品】台湾の屋台料理 ルーロー飯 食べてみた! ごはんにかけるだけ!でした。