あおみなの雑記

知って得する情報をわかりやすくまとめたブログ

『京刀のナユタ』配信開始! 『にゃんこ大戦争』で大人気ポノスの新作タワーディフェンスゲーム!【スマホアプリレビュー】

ポノスの新作、タワーディフェンスのスマホゲームアプリ『京刀のナユタ』が配信開始されましたので、レビューします!

ポノスとは?

ポノス』とは、京都に本社をおく、スマートフォン向けゲームアプリを開発している会社です。

キモかわにゃんこで敵の城を攻め落とす『にゃんこ大戦争』は、2012年に配信開始され、今でも人気のスマホアプリです。

2018年6月20日、『ポノス』からスマホゲームアプリの新作、『京刀のナユタ』の配信がスタートしました!

京刀のナユタはどんなゲーム?

京刀のナユタ』とは、『にゃんこ大戦争』と同じく「タワーディフェンス」「ラインディフェンス」ゲームです。

現代和風の魅力的なキャラクターたちが京都を駆け巡るタワーディフェンスゲーム
真誠団と一緒に崩壊する京都を守れ!!

タワーディフェンス」とは、自分の領地に侵入してくる敵を倒すゲームです。

自動的に敵を攻撃するキャラを上手く配置することで、進行してくる敵から自分の陣地を守ることが目的です。

「タワーディフェンス」の中でも、自分と敵の陣地が平面上に横並びになっているゲームを特に「ラインディフェンス」と呼ぶことがあります。

にゃんこ大戦争』では、様々な形態をしたキモかわにゃんこを生成すると、自動的に相手の陣地に進み、敵と遭遇すると自動的に攻撃する「ラインディフェンス」ゲームでした。

京刀のナユタ』も同様に、「ラインディフェンス」タイプのゲームです!


ゲームの舞台は、実際にポノス本社のある京都

過去に陰陽師によって封印された「那由多鬼夜行(なゆたきやこう)」が現代に蘇ろうとしており、「妖魔」と呼ばれる敵たちが現れました。

新撰組が元ネタの「真誠団」は、現代に生きる侍「神刀使い」の刺客集団で、主人公(プレイヤー)とともに妖魔を討伐する、というストーリーです。

『京刀のナユタ』の特徴について

それでは、私が実際にプレイしてみて感じた『京刀のナユタ』の特徴についてです。

1. 現代と古風とネタが融合したストーリー

一般的な「タワーディフェンス」系ゲームにはストーリーはほぼ無く、ひたすら襲撃してくる敵を倒すことを繰り返してパワーアップしていくシミュレーションを楽しむゲームです。

京刀のナユタ』には、ゲーム性が楽しいことはモチロン、さきほどの公式PVやあらすじの通り、しっかりとしたストーリーがあります。

舞台は京都で、陰陽師妖魔といった単語が出てくるので古風なストーリーかと思いきや、いきなり全身ロボットスーツの男が登場するといったハチャメチャさ。


会話の所々ではネタが散りばめられており、このユーモアさは「さすが(?)ポノス」と言うべきでしょうか。

異世界系のライトノベルが好きな人は、特にハマるんじゃないでしょうか。

「ストーリーは要らない!」という人も、全てスキップできるので安心してくださいね。

2. 舞台は現代の京都! 見慣れた風景が色々と登場!

私は大学が京都にあるので、京都の観光名所や有名な場所はそこそこ知っています。

京刀のナユタ』も舞台は現代の京都ということで、見たことのある景色がたくさん登場します!


京都タワーを背景に、「伏見稲荷」というセリフ。

ちなみにこの『京坂七穂』ちゃんは、アプリのアイコンにもなっている準主人公的ポジションのキャラです。


こちらは、八坂神社でしょうか。

他にも、戦闘画面の背景にも河原町の大通り鴨川の河川敷などが描かれており、京都好きには堪らない仕様です。

3. ラインディフェンスのバトルも楽しい!

それでは、肝心の戦闘システムについてです。


(『京刀のナユタ』公式ページより引用)

最大5人の「神刀使い」と最大5体の「式神」を召喚して、右端からせまる敵軍から防衛します。

神刀使いは、同じキャラは一人しか出せませんがバトル中に強化でき、式神は何体でも同じキャラを出せます。

右上のポイントが時間経過で自然に増えていくので、上手くやりくりして自軍を強化し、敵を倒していきます。

敵キャラの種類や数を見ながら、自分はどのキャラを出すか、防御と攻撃のタイミングをいつ切り替えるか、という戦略を考えるのが醍醐味の一つです。

自分の鳥居が壊される前に、敵陣地の鳥居を壊せば、勝利です!

4. 最近のソシャゲ要素あり、無課金でも十分プレイ可能

にゃんこ大戦争』は、課金しなくても試行錯誤すればたのしく遊べるゲームバランスでした。

京刀のナユタ』も、プレイしてみた印象として、無課金でも十分に遊べそうです。

まず、クリアする度に獲得できる経験値を使うことで、どんなキャラでも強化することができます。

レアリティよりも強化によるステータス上昇の方が大きいため、プレイすればするほどパーティも強くなります!

そして、高レアリティのキャラはコストが重いため、コストの軽い低レアリティのキャラもパーティに組む必要があります。

課金必須のソシャゲと異なり、超激レアキャラでパーティを埋める必要はありません。

もちろん、キャラを手に入れるための「課金ガチャ」はありますが、無課金でもそこそこ回すことができますので、超激レアキャラを1~2人でも引ければ大丈夫かな、という感じでした。

おわりに

今回は、ポノスの新作『京刀のナユタ』をご紹介しました。

今のところはソロプレイ用のゲームということなので、まったりプレイしてみてはいかがでしょうか。



最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、『京刀のナユタ』配信開始! 『にゃんこ大戦争』で大人気ポノスの新作タワーディフェンスゲーム!【スマホアプリレビュー】でした!