あおみなの雑記

京大生あおみなが様々な情報をわかりやすくまとめるブログ

お腹が張っている! お腹や腸にガスが溜まる原因5つと解消するための対処法4つ

「お腹が張っていて不快感がある」「お腹がグルグルと鳴っている」「便秘でお腹がぽっこり出ている」などなど…。

それは、腸にガスがたまっているせいかもしれません。

今回は、お腹にガスがたまる原因と、腸にたまったガスを解消するための対処法について説明します。

お腹がぽっこり張る原因は?

腸にガスがたまると、下腹部がぽっこりと張って苦しくなったり、腹痛やガスに悩まされたりしますよね。

どうして腸にガスがたまってしまうのでしょうか。

ガスがたまっているのが原因かも

ガスはお腹の中でつねに作られていますが、その多くは血液中に吸収されてしまいます。

しかし、腸のはたらきが低下していると、ガスが増えても吸収や排出が追いつかなくなり、お腹にガスがたまってしまいます

腸は体調の影響を受けやすく、様々な原因ではたらきが低下してガスがたまります。

それでは、詳しい原因とその対策法をみていきましょう。

食生活が乱れているから

小腸で消化吸収されなかった食べ物は大腸に送られますが、その際に大腸菌の作用によって分解される際にガスが発生します。

食事の量が適度であれば問題はありませんが、暴飲暴食をすると体内で吸収しきれなくなったガスがたまる原因となります。

また、お肉や油ものばかりなど、高タンパク質や高脂肪にかたよった食事をしていると、悪玉菌のはたらきが活性化してお腹にガスがたまりやすくなります。

実は、腸をキレイにするはたらきのある食物繊維も、摂取しすぎるとガスが増えすぎてしまうので、野菜ばかり食べればよいという訳ではありません。

ストレスがたまっているから

体の調子をコントロールしている自律神経には、緊張している時にはたらく「交感神経」とリラックスしている時にはたらく「副交感神経」があります。

腸などの消化管の動きは、主に後者の「副交感神経」によって支配されています。

ストレスがたまると、副交感神経のはたらきが乱れ、腸内環境も悪化してしまい便秘になりやすくなりガスもたまります。

お腹を圧迫しているから

たとえば、スカートやズボンのベルトがきつい状態がつづくと、お腹が圧迫されてしまい腸の活動は低下します。

また、座っている姿勢は無意識のうちにお腹に圧がかかりやすいので、デスクワークなどをしている人は注意です。

ガスを出すのを我慢しているから

一日の大半を学校や職場などで過ごすことになるので、なかなか好きなタイミングでガスを出すことができません。

人によっては、自宅のリビングや職場のトイレなどの環境でも「恥ずかしい」と感じて我慢してしまいます。

ガスを我慢すると、一部は血液に吸収されて一時的に楽になりますが、腸に負担がかかるので良くありません。

空気を飲み込んでしまっているから

お腹にたまるガスの原因は、体内で作られるものだけではありません。

食べるのが速い人、水を勢いよく飲みがちな人、よくツバを飲み込んでしまう人などは、要注意。

空気が肺ではなくにも入ってしまい、それがガスとなってお腹にたまっているのかもしれません。

腸にガスがたまらないようにする対策法

それでは、腸にガスがたまることを改善するには、どうすれば良いのでしょうか。

しっかり噛んでゆっくり飲食する!

食べ物をたべる時はよく噛んで、飲み込むときはゆっくり飲み込みましょう。

体内に飲み込む空気の量を減らす効果と、消化を促してガスを作りにくくする効果が期待できます。

適切な食生活を送る!

栄養バランスのとれた食事をとることで、余分なガスの発生をおさえて腸内環境を整えましょう。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品、納豆などの発酵食品を食べることを意識してください。

必要に応じて、サプリメントで栄養や乳酸菌を摂取するとより良いでしょう。

栄養面も重要ですが、腸に良くないとされる食べもの・飲みものがあります。

それは、冷たいもの辛いものです。

夏はキンキンに冷えた飲み物を飲みたくなりますし、冬は激辛の食べ物を食べたくなりますが、どちらも腸に刺激を与えるので摂取は控えましょう。

また、大事なのは食事の内容だけではありません。

たとえば、食べてすぐ横になると消化器のはたらきは低下してガスができやすくなります。

深夜は胃腸のはたらきも低下するので、食事の時間食後の過ごし方にも気を付けてください。

十分な睡眠と休息をとる!

ストレスがたまることは腸内環境が悪化する原因につながります。

しっかりと睡眠時間を確保すること、腹式呼吸を意識したり瞑想したりすることで、副交感神経*のはたらきを優位にして腸を健康にしましょう。

定期的な運動を意識する!

体を動かすことは、胃や腸のはたらきを活発に促す効果もあります。

運動することはストレス発散にもつながるので、腸だけでなく健康的な体をつくるためには必要です。

スポーツもよいですが、ヨガ筋トレ(特に腹筋)をするのも非常に効果があります。

おわりに

今回は、お腹や腸にガスが溜まる原因と、その対処法についてまとめました。

とりあげた対処法はどれも簡単に実践できるものではありませんが、腸内環境のみならず健康的な体を手に入れるために役にたつでしょう!

個人的な話になりますが、私は特に中学生のときにお腹のトラブルによく悩まされました。

私自身も、健康的な体を作るため、これらを意識して頑張りたいと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、お腹が張っている! お腹や腸にガスが溜まる原因5つと対処法4つ でした!