あおみなの雑記

京大生あおみなが様々な情報をわかりやすくまとめるブログ

梅田 阪急三番街『梅田フードホール』レポート!人気店レビュー!【UMEDA FOOD HALL】

梅田の阪急三番街に進化版フードコート『UMEDA FOOD HALL』がオープンしました!

フードホール内のお店の紹介や、実際に行ってみた雰囲気や環境などの感想をレポートします!

阪急三番街に『UMEDA FOOD HALL』オープン!

2018年3月28日、梅田の阪急三番街の北館B2に、客席1000席の『UMEDA FOOD HALL (ウメダフードホール)』がグランドオープンしました!


(『阪急電鉄 ブログdeバーチャル駅長』より)

去年の9月ごろから工事で閉鎖されていましたが、ようやくリニューアル工事が終わりました。

それでは『UMEDA FOOD HALL』の特徴について、みてみましょう!

いつでもだれでも楽しめる5つのゾーン!

阪急梅田駅は、1日の利用者が50万を超える超巨大駅。

エチ地下の阪急三番街は昼から夜まで老若男女が訪れます。

UMEDA FOOD HALL』ではあるゆるターゲットに対応するため、「ひとりランチ」「スタミナ料理」「軽食・スイーツ」「バル(お酒)」「お土産」の5つのゾーンに分かれています。


(『FLOOR MAP』より)

女子好みの最新グルメが勢揃い!

Re:Ent楽韓堂 (オリエンタル韓流バル)
韓国料理店の名物、海戦チヂミやアジア各国の料理が幅広く揃う!

果物を漬け込んだ自家製シロップで作るオリエンタルカクテルなども女子会にぴったり。

Italian Dining PESCA (イタリアン)
旬の食材や有機野菜を盛り込んだ人気イタリアン!

パイ生地でできたサクサクのピザはワインにも合います。

BURN SIDE ST CAFE (カフェ)
心斎橋の人気パンケーキカフェ、elk(エルク)の新店!

タマゴと豆乳で作った真っ白のパンケーキがオススメです。

果香×ツル商店 (香港飲茶・石垣島チキンライス)
香港・アジアスイーツのお店「果香」と石垣島で人気の「海南鶏飯店」のコラボ!

旬の果物を球体の寒天の中に閉じ込めたスイーツ、九龍(クーロン)は要チェック。

お米料理 リゾット☆スター (リゾット専門店・お米料理)
米農家がオーナーの発酵料理専門店の新展開!

野菜や肉の素材を活かしたリゾットをぜひ食べてみてください。

&COFFEE MAISON KAYSER (カフェ)
パリ発の人気ブーランジェリー(パン屋)がフードホールに!

高級発酵バターを使った名物クロワッサンで作ったサンドイッチも軽食にピッタリ。

がっつりスタミナめし!

1ポンドのステーキハンバーグタケル (ステーキ・ハンバーグ)
ボリューミーなステーキがハイコスパで味わえる!

お昼の時間は行列の絶えない人気店です!

麺や マルショウ (ラーメン)
豊中に本店を構える、台湾まぜそばで話題の有名ラーメン店!

阪急三番街店のみの限定の唐揚げ300円など、サイドメニューも充実。

↓私が実際に食べてみた感想の記事です↓
『UMEDA FOOD HALL』の『麺や マルショウ』の台湾まぜそばがガッツリでおいしい!【ラーメン・まぜそば】

名古屋名物 みそかつ 矢場とん (みそかつ専門店)
名古屋名物「みそかつ」発祥の老舗が梅田フードホールに登場!

秘伝のみそだれが香るカツは、一度食べたら止まらない最高の味です。

↓私が実際に食べてみた感想の記事です↓
梅田 フードホール 『みそかつ 矢場とん』みそかつ丼が甘辛味噌ダレで美味しい!【名古屋名物】

サクっと麺・丼ランチ!

正式担担麺美食庁 四川辣麺 (担担麺専門店)
〇大阪・堂島 とろ家 (海鮮丼・海鮮定食)
〇宮武讃岐うどん (うどん)

昼から夜まで、飲むならココ!

〇鳥焼き・蕎麦・おでん 一重 (鳥料理・おでん)
〇天丼・天串・串カツ いしのや (天丼・天串・串カツ)
〇NY DELI STYLE (デリ&バル)
〇大阪梅田 花火寿司 (寿司・浜焼き)
〇ragoût (煮込みフレンチ)

テイクアウト・スイーツ!

〇YORKYS Creperie/sucréuf (クレープ・ソフトクリーム・焼菓子)

実際に行ってきました!

『UMEDA FOOD HALL』オープンして最初の日曜日に早速いってきました!

オシャレな案内を発見しました。


床はコンパスのように東西南北がわかるようになっており、天井もオシャレです。


座席はゾーンによってカウンター、丸テーブル、ボックス席が用意されています。

人が多すぎたので写真を撮るのは断念しましたが、店の行列と客席は干渉が少ないように配置されており、混雑具合のわりに居心地は良かったです。

(ただし、飲食の持ち込みは禁止、飲食以外の長時間の利用は禁止されています。)

広大な『UMEDA FOOD HALL』ならではの特徴

他のフードコートと比較して特徴的なのは、給水場に紙コップが用意されていないことです。


お店で食べ物を注文した時に、お盆にお箸やスプーンなどと一緒に紙コップが1つ渡されるのです。

これも上記の「飲食の持ち込み禁止、飲食以外の長時間の利用禁止」の関係でしょうか。

何も頼まずに水だけ飲んで休憩したり長居したりすることを防ぎ回転率を上げるための工夫と思われます。

おわりに

エキ地下に新しい選択肢が増えたのは非常に嬉しいことですね!

一人でご飯、家族でご飯、カップルでデート、仕事終わりに軽く飲み、お土産にお持ち帰り、どんな使い方もできるグルメスポットです。

梅田にお越しの際はぜひ寄ってみてください! とてもオススメです!

営業時間は10時から23時です!

以上、梅田三番街『UMEDA FOOD HALL』感想レポート でした!

(あなたにオススメの記事)
『UMEDA FOOD HALL』の『麺や マルショウ』の台湾まぜそばがガッツリでおいしい!【ラーメン・まぜそば】

『UMEDA FOOD HALL』の『いしのや』の天丼がサクサクでジューシーで美味しい!【天丼・天串・串カツ】

筆者あおみなについて

当ブログの内容とカテゴリーについて