あおみなの雑記

知って得する情報をわかりやすくまとめたブログ

阪急三番街 梅田フードホール『正式担担麺美食庁 四川辣麺』コクと辛さのあるスープ! 感想・レビュー!【担々麺】

梅田の阪急三番街『UMEDA FOOD HALL』(ウメダフードホール)の『正式担担麺美食庁 四川辣麺』で、名物の担々麺「赤担 (味挽肉タイプ)」を食べてきました!

お店の外観やメニューの紹介、「赤担々」のお味や具材についての感想・レビュー記事です!


阪急三番街に『UMEDA FOOD HALL』オープン!

2018年3月28日、大阪梅田の阪急三番街の北館B2に『UMEDA FOOD HALL (ウメダフードホール)』がグランドオープンしました!

『ウメダフードホール』の雰囲気や環境などについて、こちらからご覧ください。


 

「正式担担麺美食庁 四川辣麺」で台湾まぜそばを注文!

創業以来18年間、麺は勿論、辣油・ごま・スープにも徹底的にこだわり続けている担担麺専門店です。
手作りチャーシューやミンチをトッピングした熱々の担担麺をお客様のお好みに合わせてご用意。
専門店ならではの辛さにパンチの効いた濃厚な味をご賞味ください。

正式担担麺美食庁 四川辣麺』さんは、担担麺の専門店です。



梅田フードホールの正式担担麺美食庁「四川辣麺」さんは、開店時間の11時からランチタイム中は常にお客さんのいる人気店です。



こちらはメニューの写真です。

オススメは、あっさり辛さ控えめの「白担」と、コク辛旨辛本格派の「赤担」です。

  • 白担 (チャーシュータイプ):850円
  • 赤担 (味挽肉タイプ):850円

他にも、ピリ辛の「酸ラー」、麻婆豆腐の入った「麻婆麺」、黒ごまの「黒担」、金ゴマで濃厚な「金担」などがあります。

大人気「赤担」をいただきます!

私が注文したのは、赤担 (850円) です!


(混ぜる前の写真は、記事トップをご覧ください)

名前のとおり、スープは真っ赤で辛そう。

トッピングは、大きなチンゲン菜が2枚、食欲をそそる香りの味挽肉、そしてたっぷりのネギです。

それでは、いただきます!

まずは、スープから。

すくって口に入れてみると、すぐに香辛料の辛さが広がります。

ラー油でしょうか、全体的に油が浮いていますが、濃くはなくて程よいです。

鶏ガラとゴマの風味も感じられて、コクの深いスープとなっています。

麺はモチモチの中太麺で、食べ応えがあります。

ズルズルっとすすると、喉の奥まで辛さがとどいてむせそうになりました(笑)

挽肉はチャーシューのような濃い味がついており、スープと一緒に食べると最高に美味しいです。

追加で白ご飯も頼めるので、食べ終わった後に入れてみるのもオススメですね。

おわりに

今回は『正式担担麺美食庁 四川辣麺』さんの「赤担」をレポートしました。

行列ができるのも納得できる、とても刺激的で満足できる美味しさでした!

ぜひ梅田に来た際には、阪急三番街の梅田フードホールに寄って食べてみてください!

以上、阪急三番街 梅田フードホール『正式担担麺美食庁 四川辣麺』コクと辛さのあるスープと挽肉が美味しい!でした!

(後日、自由に追加できるトッピング・調味料について追記予定)