あおみなの雑記

知って得する情報をわかりやすくまとめたブログ

「バーチャル (virtual)」の本当の意味とは? 「仮想」という和訳は誤り?

VR(バーチャルリアリティ)やバーチャルYouTuberなど、『バーチャル (virtual)』という言葉はすっかり日本語に普及しました。

"VR"は一般的に「仮想現実」と訳されていますが、実は" virtual "という英語に「仮想」という訳はありません

"virtual" の本当の意味について考えていきましょう!


普及した「バーチャル」という言葉

仮想記憶(仮想メモリ)、仮想現実(バーチャルリアリティ)、仮想世界、バーチャルアイドル、バーチャルYouTuber、などなど…。

バーチャル」および「仮想」という言葉はすっかり普及しました。

そのため、「バーチャル = 仮想」と思っている方も多いでしょう。

ところで、"virtual" という言葉を辞書で引いてみたことはありますか?

"virtual"の英和辞典・英英辞典の訳は?

まず、"virtual" をジーニアス英和辞典で引いてみます。

virtual (形) (比較なし)
①[限定] (名目上はそうではないが)実質上の、事実上の、実際上の
②(物) 虚の、仮の (⇔ real)

用例として、" virtual bankruptcy (事実上の倒産) " や " a virtual image (虚像) " が挙げられています。

そうです、もともと "virtual" という言葉に、「仮想」という意味は無いのです!

たとえば、「婚約関係を結んではいない、長期にわたって同棲生活を送っている男女」のことを、「夫婦ではないが、事実上は夫婦だ」と言いますね。

このように、「事実上の」という言葉は、「事実ではないが、ほとんど事実に近い」という意味ですが、これが本来の "virtual" です。

ロングマン現代英英辞典には、以下のように書かれています。

virtual / adj [only before noun]
very nearly a particular thing

「ある特定のものにほぼそっくりなもの」という感じでしょうか。

よって、"virtual" の訳をもっと砕けた言い方にすると、「実際は異なるが、ほとんど同じような」と表現できます。

ピンときにくいので、実際の用例に合わせてみていきましょう。

VRとVtuberの本質

さきほど例にあげた言葉で考えていきます。


バーチャルリアリティは、ヘッドマウントディスプレイやゴーグルを装着して、立体的な音声や映像を視聴することで、作られた世界に本当に飛び込んだかのように体験できるものです。

これを言い換えると「作られた世界であるが、五感を刺激することで本質的には同じような環境にいる体験ができる」となります。

まだ解りにくいので、よくテレビ等でも紹介される「海底にいる体験ができるVR」を例にあげて説明します。

人間は、視覚や聴覚などの刺激によって、今いる世界を知覚しています。

ヘッドマウントディスプレイを装着すると、目の前を泳ぐ魚を見たり、潮の流れる音を聞いたりする体験ができます。

そうして、「実際に海底にいるみたい!」と感じたら、それは「本質的に海底にいるのと同じ体験をしている」と言える、ということです。

(もちろん、水の抵抗や呼吸など、現在のVRでは再現できない要素もありますが。)

バーチャルYouTuberとは、YouTubeで動画配信をする架空の3Dキャラクター(主に美少女)のことを指します。

実際にはキャラクターは表面的なもので、裏で撮影をしたり動画編集をしたりする人(主におじさん)が当然いるわけですが、私たちは知りません。

よって、「可愛いキャラクターが動画配信している!」と視聴者が思ったら、「実質的にその美少女キャラクターがYouTuberである」と言えるわけです。

このように、「バーチャル」がつく言葉は、「実際は異なるが、ほとんど同じようなものだ」と理解できるわけです。

「バーチャル=仮想の」は誤訳?

バーチャルリアリティの訳語は仮想現実が一般的です。

仮に想定された現実のような世界」ということで、何となく通じそうな気もします。

仮想」という言葉は文字通り、「仮に考えること、仮に想定すること」です。

これには「存在しないものを、仮に存在すると考える」という意味合いが強いです。

たとえば「仮想敵」という言葉を考えてみると、

「何か計画を立てるうえで、仮に想定した敵」ということで、「実際に敵として存在しているわけではない」ですよね。

そうなると、バーチャルリアリティもバーチャルYouTuberも、「実際には存在しない、架空のもの」という否定的な印象になってしまいます。

やはり、" virtual " という言葉は「本質的・実質上には同じようなもの」と理解する方が、個人的には良いような気がします。

ですが、コンピュータ用語では「仮想メモリ」「仮想ドライブ」のように「仮想」という訳が定着しています。

一部の辞書や英単語帳には、既に「仮想の」という訳が書かれているものがあります。

時代によって言葉の意味は変化するものですから、「バーチャル」の訳として「仮想(の)」も認められ始めているのかもしれません。

おわりに

そういえば、話題の「仮想通貨」も英語では " virtual currency " です。

仮想通貨で大儲けした人もいるでしょうが、大損してしまった人は「実際には存在しない通貨」を買っていたのかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、「バーチャル (virtual)」の本当の意味とは? 「仮想」という和訳は誤り? の解説でした。

(あなたにオススメの記事)
筆者あおみなについて

当ブログの内容とカテゴリーについて