あおみなぶろぐ

あなたの お役に立つ みんなが知りたい情報を なんでも書くブログ

バーチャルユーチューバー(Vtuber)がゲーム実況の動画投稿や生放送するのに必要な機材まとめ

YouTubeでは誰でも好きな動画を投稿することができます。

テレビ番組のようにカメラで撮影するスタイルもありますが、特にゲーム実況というジャンルは顔出ししなくても動画を作れるため、バーチャルユーチューバー(Vtuber)との相性はとても良いです。

今回は、Vtuberをターゲットとして、ゲーム実況動画を投稿するのに必要な機材についてまとめました!


ゲーム実況はPCが無くてもできるが、基本はPCで

Vtuberとして活動したい場合、なんとスマホのアプリ1つで動画配信をはじめることはできます。

ただし、アプリ内でできることは限られており、主に雑談など喋りがメインの配信となってしまいます。

ゲーム実況の場合、『PlayStation 4』や『Xbox One』にはゲームを録画・配信するシェア機能が備わっているため、最低限の配信でよいならばPCも不要です。

しかし、音声や映像をきちんと編集してレベルの高い動画を投稿したり、様々な機能を使用してクオリティの高い配信をしたいのであれば、PCは必須となります。

特にVtuberの場合、録画ソフト以外にも自身のキャラクターを動かすツールも起動する必要があるので、PCの性能は高ければ高いほどよいでしょう。

Vtuberとしてデビューする方法について、詳しくは以下の記事をご覧ください。


ゲーム実況に必要な機材や環境とは

次に、ゲーム実況をするのに必要となる機材や環境についてです。

マイク


マイクは、ゲーム実況の動画や配信にかぎらず、Vtuberとして活動するのであればほぼ必須でしょう。

ノートパソコンやスマホに内蔵されたマイクでも代用できますが、やはり音質はかなり劣ります。

最近では、3000 ~ 4000円程度で購入できますので、一つはマイクを購入しておくと良いですね。

おすすめのマイクについて、いずれ記事を書いて紹介しますね!

キャプチャーボード

キャプチャーボードとは、パソコンにゲーム画面を表示させるために必要な機械です。

NintendoSwitchやPlayStation4などのゲーム機とパソコンとの間にキャプチャーボードをつなぐことで、ゲーム画面の映像をパソコン上に取り込むことができます。

そうすることで、ゲーム画面を録画して編集したり、実況をのせてライブ配信することができるのです。

キャプチャーボードの詳しい解説や、私が実際に使用していたGC550の紹介はこちら。

動画編集ソフト

ゲーム画面を録画できたら、最後に動画を編集しましょう。

不要なシーンをカットしたり、テロップ(字幕)をつけたりすることで、動画はより見やすく面白くなります。

人気VTuberになるには動画を編集しなければならない理由と、おすすめの動画編集ソフトについて解説しています。


おわりに

今回は、ゲーム実況動画を投稿するのに必要な機材、マイク・キャプチャーボード・動画編集ソフトについて解説しました。

ゲーム実況はYouTubeやニコニコ動画などでも いまだに人気上位のジャンルです。

Vtuberとして活動するのであれば、ぜひゲーム実況にチャレンジしてほしいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、バーチャルユーチューバー(Vtuber)がゲーム実況動画を投稿するのに必要な機材・環境まとめ でした。