あおみなの雑記

京大生あおみなが様々な情報をわかりやすくまとめるブログ

YouTube パートナープログラム 収益化条件が変更! 視聴者にも動画投稿者にもメリットな理由を解説!

2018年2月20日、YouTubeパートナープログラムが変更され、YouTubeで広告収益を得られる条件が厳しくなりました。条件変更の影響を考察して、視聴者にも動画投稿者にもメリットである理由を解説します!

YouTubeの収益化条件が厳格化

2018年1月17日、YouTube クリエイターブログにて、YouTubeパートナープログラム(YPP)の変更が発表されました。

YouTubeパートナープログラムとは、投稿者が動画に広告をはることで収益を受けとれるプログラムです。

俗にいう"YouTuber"とは、この広告収入で生活している人のことです。

これまで広告で収益を得るための条件は、

合計視聴回数が1万回以上

だけでした。

この条件は比較的に緩く、努力すれば数カ月ほどで達成できます。

しかし今回の変更により、プログラム参加条件が非常に厳しくなりました。

新しい基準は以下の二つです。

過去12か月間の総再生時間が4000時間以上

チャンネル登録者数が1000人以上

さらにポリシーに沿った厳しい審査あり

条件は総再生時間とチャンネル登録者数だけではありません。

動画がYouTubeのポリシーに準拠しているかどうかも自動的に審査されます。

つまり、

・著作権を侵害していないか

・未成年にとって有害ではないか

・内容が暴力的、差別的ではないか

・なりすましや釣り(嘘の内容)ではないか

といったこともチェックされ、違反していればパートナープログラムに参加できず収益は得られません。

この変更による影響を考察

それでは、今回の変更によってどのような影響があるか考察します。

動画を投稿する人、視聴する人、それぞれの立場で見ていきましょう。

動画投稿者への影響

まずはコンテンツを提供する動画投稿者の目線です。

広告収益への影響は少ない

動画投稿が趣味でも仕事でも、収益を得られると嬉しいのは当然です。

実際に、YouTubeの収益で生活している人はどのくらいいるのでしょうか。

このたびの変更により相当な数のチャンネルが影響を受けることが予想されますが、そのうち 99% は年間の収益が 100 ドル未満のチャンネルで、その 90% は先月の収益が 2.5 ドル未満であったことがわかっています。

(『YouTube クリエイターブログ』より)

つまり、職業がYouTuber の人は1% もいないということです。

YouTubeで生活している人には、この変更は無関係でしょう。

そして、パートナープログラムに参加している動画投稿者のうち、ほとんどの人は月に数百円も稼いでいないとのことです。

残念ではありますが、この収益がゼロになることもそれほど大きな影響ではないと思われます。

クリエイター向け機能はこれからも使用可能

YouTubeには、クリエイター(動画投稿者)に向けた機能がいくつもあります。

たとえば、動画のサムネイルや終了画面を自由に設定したり、指定した時間に予約投稿したり、ライブ配信したりといった様々な機能を使えます。

今ある機能は、パートナープログラムに参加していなくても引き続き使用できます。

Super Chat (ライブ配信中に視聴者から支援してもらう機能)はもともと「チャンネル登録者数が1000人以上」という条件があるため、変更はありません。

今後のYouTuberはどうなるか

現在、YouTuberとして生活できている人には影響はありません。

むしろ、YouTubeからの評価が高くなればより収入を多く得られる可能性もあります。

一方、これからYouTuberを目指す人にとって、最初のハードルが非常に高くなったように感じられるでしょう。

しかし、手軽に収入を得たいと考えていたライバルの人数は減り、ガイドラインに違反する人気動画も減れば、自分の動画の露出が増えて注目される可能性は上がります。

つまり、頑張れば頑張るほど報われやすい環境になるでしょう。

YouTubeは今後、野球とプロ選手のように、

「趣味としては誰でも手軽に楽しめて、その収入だけで生活していくのは非常に難しいが、限られたスターは莫大な収入を得られる」

という職業になっていくのかもしれません。

視聴者への影響

次に、動画を見ている人たちの生活はどう変わるでしょうか。

チャンネル登録がより重要になる

今回の変更により、クリエイターにとってチャンネル登録者数の重要性がさらに増します。

チャンネル登録せずに見たい動画だけ検索している人もいますよね。

登録者数が増加したら投稿者のやる気も上がるので、好きな投稿者をみつけたら積極的にチャンネル登録しましょう。

特に登録者数が1000人に達していない投稿者は、モチベーションが下がれば新しい動画を出さなくなるかもしれません。

逆に、意欲あるクリエイターは、動画を頻繁に公開したりライブ放送したり積極的に活動するでしょう。

視聴者からのアクションがあると、やはり嬉しいものです。

高評価やコメントをすることも応援になりますよ!

ポリシーに違反した動画は視聴不可に

YouTubeでは、アニメやバラエティなどのテレビ番組や、本来は有料なCDの音楽が丸々アップロードされています。

これらは著作権を侵害しており、YouTubeのポリシーに違反するため今後はより積極的に削除されるでしょう。

オリジナルの動画を配信するYouTuberを応援してあげてください。

おわりに、これからのYouTubeの展望

近年、一部の動画投稿者の不適切な行動のせいで、YouTube全体のイメージが悪くなる問題がありました。

これからYouTubeは、視聴者にとっても投稿者にとっても、より健全な環境になるでしょう。

以上、「YouTubeの収益化条件が変更! 視聴者にも動画投稿者にもメリットな理由を解説!」でした。

(あなたにオススメの記事)
www.aominablog.com

www.aominablog.com