あおみなの雑記

知って得する情報をわかりやすくまとめたブログ

大学生のアルバイトは塾講師がオススメ! 塾や予備校で働く5つのメリット

大学生のみなさん、良い条件のアルバイトを探していませんか?

塾講師のバイトは、「時給がいい」「シフトに入りやすい」「社会で役立つ能力が身につく」など、とにかく大学生にオススメしたい条件がそろっています。

塾講師バイト歴3年以上の私が、塾講師のアルバイトで得られる5つのメリットについて解説します!

(2018年9月11日 追記・修正)

大学生には塾講師のバイトがオススメ!

大学生に共通の悩みの一つは、「アルバイトを何にするか」ですよね。

私は大学1回生の時に塾講師のアルバイトを始めて もう3年以上になりますが、

「塾講師のアルバイトを選んで良かった!」と思えることが何度もありました。

たとえば、

  • 時給が高い
  • シフトを入れやすい
  • 教える力が身につく
  • 自分自身も学ぶ機会になる
  • 人を育てる経験を得られる

などなど、たくさんのメリットが挙げられます。

新しいバイトはもちろん、「バイトを替えたい」「掛け持ちしたい」と思っている方々にもオススメです!

それでは塾講師のアルバイトのメリットを説明していきます。

塾講師は時給が高い!

大学生が始めやすいアルバイトには、塾講師の他に「コンビニ」「レストラン」「カラオケ・漫画喫茶」「(歯科医などの)受付」などがあります。

2018年3月のデータによると、全国平均時給は以下のとおり。

塾講師:1683 円
コンビニ:904 円
レストラン:980 円
カラオケ・漫喫:933 円
受付・秘書:981 円
(an report 『平均時給レポート2018年3月号』より)

これから、塾講師はダントツで時給が高い、効率が良いことがわかります!

塾講師はシフトを入れやすい!

バイトには募集要項があり、「週3日以上入れる人」などの制限が多いです。

コンビニやレストラン等は午前中やお昼も営業していますので、大学の時間割の空きコマに上手くシフトを組み込む必要があり、調整が面倒くさいです。

私の友達にも、時間割とシフトの兼ね合いで 1日に大学とバイト先を何度も往復している子がいて、とても大変そうでした。

塾講師の場合、平日は生徒の子たちも自分の学校がありますので、勤務時間は主に夕方~夜になります。

そのため、「月曜日の夕方はサークル、火曜日の夜はバイト、…」のように、曜日ごとにシフトを入れやすいのは、大きなメリットです!

塾講師では様々な能力が身につく!

プレゼン力

塾講師は、「授業時間内に分かりやすく教える」ことが求められます。

使用する教材や問題を考え、授業の計画を立てて、説明の仕方を工夫して、生徒が理解できているか確認する、というステップが必要となります。

この「資料を準備して決められた時間で内容を伝える」というプレゼン力は、非常に重要です!

大学でもレポートや論文を発表する機会は必ずありますし、社会に出てから営業する場合でも開発する場合でも、とにかく「簡潔に説明する」スキルは求められます。

塾講師のアルバイトが初めての方へ、塾によってマニュアルや研修はしっかり用意されていますので、ご安心ください。

プレゼン力を上げるには場数を踏むことが必要ですので、大学生の内にプレゼンする経験を積めるのは就職活動にも役立ちます

思考力

教科書やテキストに書いてあることを読み上げるだけでは、塾講師の仕事として不十分です。

数学や理科の理系科目では「なぜそうなるか」という論理的説明が大切ですが、英語や社会でも「記憶に残るように」暗記項目をまとめたり因果関係を説明したりすることが必要なのです。

プレゼン力の項目でも書きましたが、使用する教材や問題を考えるだけでなく、時間内に授業をどのように構成するか自分も考えなければなりません。

コミュニケーション力

塾講師では生徒とのコミュニケーションが重要です。

一方的に喋るだけの授業をしても、よほど真面目な生徒でなければすぐに寝たり手遊びしたりします。

塾講師では、上記のプレゼン力にも共通しますが、

自分自身の姿勢や視線
声の強弱や抑揚
話す速度や言葉遣い
身振り手振り

等を見直すいい機会になります。

これらは社員や先輩講師に指摘されることもありますし、生徒は大人が言いにくいことでもバッサリ言うものです。

授業することで自分自身の成長にもつながるのは、塾講師ならではのメリットです。

また、より良い授業をおこなうには、やはり生徒との信頼関係が大切となります。

生徒にとって「大学生の塾講師」という立場は、家族ほど距離は近くありませんし、先生ほど年は離れていません。

「年齢が近い先輩」からの言葉は、時に家族や先生よりも説得力があるのです。

勉強に関することはもちろん、部活や人間関係、志望校や将来のことなど、生徒たちの悩みや不安を抱えています。

どんな話でも傾聴して、自分の経験や知識を伝える、これもコミュニケーション力を鍛えるいい機会になります!

塾講師では自分自身も学ぶ機会になる

大学生になると、小学校から高校まで習い続けた五教科すべてを勉強するわけではありません。

せっかく勉強したことも、使わなければすぐに忘れてしまいますが、これってもったいないですよね。

特に英語について、一般的には1~2回生で語学の単位をとるために履修します。

それでも就職のためにTOEICを受ける3~4回生の頃には「久し振りなのですっかり英語ができなくなった」という人はたくさんいるのです。

私は塾講師のアルバイトで英語も教えていたので、他の人より英語力はそれほど落ちず、TOEICでは周囲より良い成績がとれました。

学ぶ機会という点で、塾講師にはもう一つメリットがあります。

理解しているつもりだったのに、いざ教えるとなった時にどう説明すればいいか困った経験ってありますよね。

私が塾講師をしていて「自分自身も学ぶ機会になるな」と感じたのは、勤務して一カ月ほど経った頃でした。

中一の子に英語を教えていて、「"big"と"large"はどう違うんですか」と質問された時です。

理解しているつもりでしたが、きちんと説明するとなると正確に理解している必要があるため、自信がなくて回答に困ったのです。

このように、授業している中で、自分では「気づいていなかった」「忘れていた」ことを思い出す機会を得られるのも、塾講師のメリットですね。

人を育てる経験を得られる

塾業界は、結果がテストの点数や試験の合否で客観的に表れる世界なので、講師の責任は大きいです。

その分、担当の子の成績を伸ばしてあげられた時の達成感満足感は、他のバイトでは味わえません。

生徒の子に「先生の説明でやっとわかった」「前に塾でやったとこ試験にでて解けた」などと言われると、やはり嬉しいものです。

塾講師を続けていると、いずれ生徒たちも受検を終えて中学や高校を卒業します。

たとえ自分の影響がたった1%でも、人を育てるという経験誰かの人生に良い影響を与えられる機会が得られることは、学校の先生などと同じく塾講師のやりがいでもあります。

さいごに

塾講師でアルバイトすると、他のアルバイトにはない経験や達成感などを得られます。

自分自身の勉強にもつながり、高い給料をもらえる、こんな素晴らしいバイトは珍しいです。

塾講師のアルバイトに興味をもった人は、こちらの記事もご覧ください。


以上、給料・シフト・経験の面からみた、大学生に塾講師のアルバイトをオススメしたい5つのメリットでした!