あおみなの雑記

知って得する情報をわかりやすくまとめたブログ

塾講師のアルバイトは夏休みが忙しい!

世間では、もう夏休み。

実は、塾に通う子も、塾講師のアルバイトも、夏休みは忙しくなるんです。


いよいよ夏休み!

先週末の7月20日(金)あたりから、多くの小学校・中学校・高校では夏休みに入ります。

学校の授業は約1か月半ほどお休みとなり、みんな大喜び!

かと思いきや、部活や習い事で忙しいお子さんは多いですよね。

私は塾講師のアルバイトをしていますが、塾は長期休暇になるとかなり忙しくなります。

塾講師は長期休暇が忙しい

うちの塾は個別指導で、授業は1コマ80分、通常は一日に3コマあります。

平日は生徒たちも学校があるので、最初のコマは夕方の17時半から始まります。

夕方の授業には小中学生が多く、最終コマになると高校生の割合が高くなります。

一方、長期休暇になると、12時半から開校されます。

夏休みは夏季講習、冬休みは冬期講習があり、多くの生徒さんは週に4~5日ペースで授業が入ります。

よって、時間に関係なく、教室には小学生から高校生が誰かしら常にいる状態となります。

開校される時間が2倍となるため、単純に授業のコマ数も増え、生徒の数も講師の数も1.5倍~2倍となります。

塾講師のアルバイトは、夏休みや冬休みになるととても忙しくなるのです。

私の場合、ほぼ毎日出勤します!

講師のレベルや経験によって、「高校生を担当できる人」と「できない人」に分けられます。

私は、バイト先の教室では学歴が最も高いらしく、高校生の授業を毎日のように任されます。

ありがたいことに生徒や親御さんからの評判はよく、「青海さんに教えてほしい」指名をいただくこともあります。

2018年の夏季講習も、たくさんのシフトをいただきました。

12時半から最終の22時までフルで授業が入っている日もいくつかあり、「もはや社会人より忙しいのでは?」とさえ思ってしまいます(笑)

今年も暑さに負けぬよう、頑張ります!

おわりに


アルバイトにかける時間が大幅に増えるため、当ブログの更新頻度は今までより下がってしまう可能性があります。

それでもモチベーションは十分にありますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、塾講師のアルバイトは夏休みが忙しい! でした。